トップに戻る

在宅雇用を実現するために

j0424355.jpg

これまで在宅雇用という雇用形態が一般化しなかった背景にはさまざまな課題や不安があったことも事実です。

在宅雇用を一般的な働き方にするためには

  • 在宅就労希望者の存在を把握する必要がある
  • 在宅就労に馴染む仕事の種類や処理方法の確立が重要である
  • 在宅ワーカーの就労を支える仕組みは不可欠である
  • 情報漏えいに対する対策に万全を期す必要がある
  • 優れた在宅雇用の実績を示し、広く社会の理解を深める必要がある
などなど課題はありますが、いずれも解消可能な事柄といえます。

当NPOが提案する在宅雇用

上記の課題を視野に入れ、それらの課題が解決できる形での在宅雇用支援サービスを行います。その一例をあげますと、

  • 在宅雇用による障がい者雇用推進に関する提案の実施
  • 在宅ワーカーに提供する業務に関するコンサルティング
  • 各社の行う業務を担う在宅ワーカーの募集
  • 在宅ワーカーの雇用管理に関する就業規則等の作成代行
  • 在宅雇用を特例子会社で行う場合のコンサルティング
  • 在宅ワーカーに対する教育のサポート
  • 在宅ワーカーへのサポート