棒グラフの説明

身体障害者65歳未満123.3万人、身体障害者65歳以上274.5万人、知的障害者65歳未満67.4万人、知的障害者65歳以上6.7万人、精神障害者65歳未満204.9万人、精神障害者65歳以上115.22万"

棒グラフの説明

横棒グラフ2個

1つめ「ハローワークを通じた新規求人申し込み件数」。2005年は、合計で約9万人強の申し込み件数があったが、2014年は18万弱。内訳は、身体障害者はほとんど変わらないが、精神障害者は5倍程度の伸びとなっている。

2つめ「ハローワークを通じた就職件数」2005年は、合計で約3万人強の件数があったが、2014年は8万程度。内訳は、身体障害者はほとんど変わらないが、精神障害者は8倍近い伸びとなっている。

三段の図。下の段には、上を向いた矢印。中に「法が求めていることは、実は特別なことではない」 真ん中の段「対象となるのは障害者手帳の有無で決まるものではない(実態による)、上の段「対応を求められるのはすべての企業(規模は問わない)